「唐津・玄海」で育てた牛を厳選、食べておいしいお肉を自信を持って自信を持って消費者の皆様にお届けします。

 

 地元「唐津・玄海」の畜産農家から出荷した牛の中から「佐賀牛」とそれに次ぐ等級の「佐賀産和牛」「国産黒毛和牛」を厳選してせり落とし、せり落とした肉は、チルドの状態で熟成させて加工し、店頭で生肉として販売するほかは全て急速冷凍させ全国の皆様に中山牧場ブランドとして加工直販しています。

 

 食肉販売のスタッフは、地元のお母さんたちが中心。だから、自分の子供に安心して食べさせられるかどうかを第一に考え、お客様のおいしいかったよ!の声を励みに、みんなで日々仕事に取り組んでいます。

 ヒット商品、本生ハンバーグもそんな現場から生まれました。実はこのハンバーグには子供の大好きな?人参も愛情たっぷりに入っているんですよ。自宅に大きな冷凍庫のある地元の皆さんは、お肉もこのハンバーグも一度に大量に買って行かれますが、毎日の食事に役立てていただいてうれしい限りです。


 加工直販を始めた大きな理由のひとつが牛肉の品質向上のためです。肉は大きなかたまり(枝肉)の状態で等級付けされ、せり落とされます。その後それぞれの部位に切り分けられますが、この段階で初めてわかる肉質のよしあしもあるのです。

畜産農家が出荷で完結するのではなく、地元で育てた牛を私たちが加工することによって、地元畜産農家の仲間たちときちんと成果を見極め、それをもとに肥育法を再検討し、どこまでも理想の肉質を追求するために毎日の飼養管理に反映させることが大切だと考えています。