Vol.4

石垣島は人も自然も最高! 牛の繁殖にも最適の環境で、 中山牧場のスタッフ、只今奮闘中。

南の島々は牧草豊富で牛の繁殖には最適の地です。

 今回のお話は佐賀の玄海町から一気に沖縄の石垣島に飛びます。以前にもお話しましたが、中山牧場では理想の肉牛を追求するため、牛の肥育だけではなく、種付けから出産、子牛の保育までも自前でやりたいという思いがあります。そこで、5年前に繁殖専門の牧場を石垣島に開設しました。

 ここは一年中暖かな気候で、母牛のエサとなる牧草が年5回も収穫でき(佐賀では年3回)、しかも家畜たちにとってもリラックスできる環境にあるために母牛の受胎率が高いからです。


石垣島に魅せられたのは先代の社長、うちの父です。

 八重山諸島には牛の繁殖農家が多く、その中心である石垣島では毎月子牛のセリが行われています。先代の社長(うちの父親)も昔から買い付けに通っていたのですが、そのうちにすっかり島のとりこになってしまい、「老後は石垣島で」とまで言うほどに。そして第一線を退いた今、念願かなって年の半分は石垣島の牧場で過ごしています。私自身も牧場の仕事を始めて長いので、石垣島は第二のふるさとのようなもの。人も自然も大好きです。

 

島の人たちに支えられてスタッフ5人で頑張っています!

 上の写真、サトウキビ畑にずらりと並ぶのはその石垣島にある中山牧場のスタッフです。右から優しい強面?の前浜さん、畜産農家の息子で牛大好きの新里君、そしてわが娘婿で地元八重山出身の仲底優、娘の悠、ご主人の転勤で東京からやって来た大津さんです。 この5人のスタッフで牧草刈り、母牛の種付け、子牛の保育などそれぞれ役割分担して270頭の母牛と生後8ヵ月までの子牛の面倒をみていますが、そんな彼らを見守り支えてくれているのが、地元JAの職員や同業者など仕事がらみで家族のようなおつきあいをさせていただいている島の人たち。本当にありがたいことです。 そして、石垣島で8カ月まですくすくと育った子牛たちは、佐賀の中山牧場へ移送され、立派な肉牛に肥育されることになります。<2011年 夏>


❶生まれた子牛はまずは人工乳で予備保育。大津さんがお母さん代わりです

❷石垣島の中山牧場の責任者は娘婿の優。若い娘夫婦はまわりの人たちに支えられて頑張っています

❸牛が好きでたまらないという新里君は種付け担当。ひとりで生ませる子牛は年間約270頭!


❹昨年スタッフに加わった前浜さんは牧草担当

❺牧場の一員、猫の“しらたき”。名前を呼ぶとどこからともなく姿を現す。



Vol.16<2017年 冬> お肉のことを知れば知るほど、選び方や味わい方、たのしみ方がひろがります。

Vol.15<2017年 夏> 唐津・玄海育ちの「佐賀牛」冊子を製作しました。

Vol.14<2016年 冬> 「町のお肉屋さんを目指して!」肉の中山牧場呼子店オープン

Vol.13<2016年 夏> 「ふるさと納税」佐賀牛大変ご好評いただいてます!

Vol.12<2015年 冬> 牛の世話は母ちゃんにおまかせ!だって子育てと一緒やもん。

Vol.11<2015年 夏> 中山牧場の基礎を築いてくれた両親。

Vol.10 <2014年 冬> おかげさまで、佐賀牛ブランド30周年。

Vol.9<2014年 夏> フレー!フレー!「八重山郷里」日本初の子牛ブランド誕生。

Vol.8 <2013年 冬> 中山牧場「ひとりで楽チン!」シリーズ。第一弾完成!

Vol.7 <2013年 夏> 玄海町は修学旅行生の民泊・体験学習を受け入れ中!

Vol.6 <2012年 冬> 「和牛のオリンピック」に佐賀県代表選抜出品されました!

Vol.5 <2012年 夏> 中山牧場を『堪能できる』お店をご紹介します。

Vol.4 <2011年 夏> 石垣島は人も自然も最高! 中山牧場のスタッフ、只今奮闘中。

Vol.3 <2010年 冬> 牧場で育てた牛、その中でこれは!という牛をせり落とす。

Vol.2 <2010年 夏> うちの牧場では繁殖も行っているんですよ。

Vol.1 <2009年 冬> 秋の藁寄せは、一年のビッグイベント!