Vol.1

秋の藁寄せは、一年のビッグイベント!

この稲藁ロール約10,000個で一年分の粗飼料をまかないます。

 いやあ、今年前半の藁寄せ作業は秋雨と台風でずいぶんと気をもみました。稲刈り後の田んぼから乾燥させた藁を牧場の倉庫へ運び込むまで雨に当ててはいけないし、集草作業用の重い機械を田んぼに入れるのに地面もある程度乾燥した状態でないとダメだし、ぐずぐずしていると農家さんの次の植え付け作業が始まるし。秋の藁寄せは常に天気との闘いです。

 この稲藁は牛の一年間の飼料になります。牛には栄養たっぷりの濃厚飼料に加えて、これから丈夫に大きく育つための胃袋をつくる粗飼料が必要なんです。それが稲藁で、うちの牧場ではできるだけ県産の稲藁で育てようと、近隣の大町町や佐賀市の稲作農家さんに有料で分けていただいています。地元玄海町は棚田が多いので片道1時間半かけても佐賀平野まで出かけて行ったほうが効率はいいんですね。

 今は品種改良で稲刈りが9月上旬から始まるので、藁寄せもそこからスタートして、11月上旬まで続きます。トータルで約200町の田んぼから稲藁のロール1万個程を運び出しますが、この時は地元のタバコ農家さんがちょうど農閑期なので、毎年助っ人をお願いしています。

 作業は日が暮れるまでが勝負で、藁を反転させて乾燥させる人、それを集めてロールにする人、ロールを田んぼから運び出す人、トラックに積み込む人、トラックで牧場までピストン輸送する人、と計20人体制で頑張っています。

 加工販売部門担当の私も、この時ばかりはいてもたってもいられず、毎年現場へ駆けつけて、できることは何でも手伝いながら全体の士気高揚をはかります。大変な作業もみんなでやれば、笑顔で頑張れるじゃないですか。

 牛たちにはしっかり乾燥させたおいしい藁を食べさせてやりたい一心ですが、その藁を与えられるのも稲作農家さんのおかげ。つくるものは違っても、農業は循環しているのだとつくづく思いますね。

<2009年 冬>

地図を見ながら藁寄せに入る田んぼの位置と手順を打ち合わせ。

ロールの積み込み作業、リフトを操っているのは私です。


作業の合間のランチタイム。秋風が心地いい!


Vol.16<2017年 冬> お肉のことを知れば知るほど、選び方や味わい方、たのしみ方がひろがります。

Vol.15<2017年 夏> 唐津・玄海育ちの「佐賀牛」冊子を製作しました。

Vol.14<2016年 冬> 「町のお肉屋さんを目指して!」肉の中山牧場呼子店オープン

Vol.13<2016年 夏> 「ふるさと納税」佐賀牛大変ご好評いただいてます!

Vol.12<2015年 冬> 牛の世話は母ちゃんにおまかせ!だって子育てと一緒やもん。

Vol.11<2015年 夏> 中山牧場の基礎を築いてくれた両親。

Vol.10<2014年 冬> おかげさまで、佐賀牛ブランド30周年。

Vol.9 <2014年 夏> フレー!フレー!「八重山郷里」日本初の子牛ブランド誕生。

Vol.8 <2013年 冬> 中山牧場「ひとりで楽チン!」シリーズ。第一弾完成!

Vol.7 <2013年 夏> 玄海町は修学旅行生の民泊・体験学習を受け入れ中!

Vol.6 <2012年 冬> 「和牛のオリンピック」に佐賀県代表選抜出品されました!

Vol.5 <2012年 夏> 中山牧場を『堪能できる』お店をご紹介します。

Vol.4 <2011年 夏> 石垣島は人も自然も最高! 中山牧場のスタッフ、只今奮闘中。

Vol.3 <2010年 冬> 牧場で育てた牛、その中でこれは!という牛をせり落とす。

Vol.2 <2010年 夏> うちの牧場では繁殖も行っているんですよ。

Vol.1 <2009年 冬> 秋の藁寄せは、一年のビッグイベント!